恐いもの知らずのチャレンジャーが、様々なことに挑戦するこの企画。
いろいろな経験を通して、チャレンジャーが
大きくなっていく様子を見守ってください。
チャレンジャーM
 唐津検定会場で試験前に唐ワンくんと記念撮影。
第35回目は『唐津検定』に挑戦!
 甲子園に行ったり、流しそうめんを楽しんだりとチャレンジに忙しかった夏が終わりました。だんだん日が短くなり、さて、秋の夜長は何をしましょうか?と考えていたら、「唐津検定」なるものが実施されるそうじゃありませんか!
 これは、唐津市民として、唐津の会社に勤務するものとして、それになんだかいろいろ受験者特典もあるみたいなので、ぜひ受験したい!
 というわけで、唐津のことをもっと知りたいという向学心に燃えるチャレンジャーMは、秋の夜長に唐津検定のお勉強をすることになりました。
 
 『唐津検定』とは、「唐津がたどってきた道、唐津の美しさ・すばらしさ・奥深さを、もう一度見つめなおすと共に、新たな魅力にも目を向けて、ふるさとを愛する心がより強くなること、次世代を担う子どもたちに『地域の宝』を伝えていくこと、また多くの方に唐津の良さを知っていただくことを目的としています。」
「唐津検定公式ホームページ」より
 まずは、唐津検定公式本「唐津探訪」を購入しました。試験勉強は久しぶり、どんな勉強をしたらいいんだろうと、試験要綱を確認してみました。この本の中からほとんどの問題が出題されるそうです。この本を全部丸暗記しないといけないんじゃないかと恐れていましたが、試験当日は、公式本持ち込みOKとのこと、ホッとしました。
 「唐津探訪」は、『ガイドブックじゃ物足りない。郷土資料じゃ眠くなる。そんなあなたにちょうど良い一冊』というキャッチコピーの通り、きれいな写真と読みやすい文章で、唐津の「自然・景観、歴史、産業、文化」が紹介されています。
唐津検定公式本
「唐津探訪」
 
 申し込みを済ませ、あとは勉強するだけです。毎日ちょっとずつ読んでいこうと思っていましたが、持ち込み可と聞いてからは安心してしまい、サボりがちに。気づいたら試験日まであと2週間となっていました。
 チャレンジャーMの他にも、弊社からは20名ほど受験します。試験日が近くなるにつれ、社内では「唐津探訪」を持ってウロウロする人、本に線をいっぱい引いている人、昼休みを使って勉強している人を見かけるようになってきました。自分だけ落ちたら恥ずかしい・・・というプレッシャーもあるようで、みんな真剣です。チャレンジャーMも毎日肌身離さず「唐津探訪」を持ち歩き、受験勉強に明け暮れます。
 
 そして、試験当日2011年10月2日(日)を迎えました。
 90分間で100問の問題を解き、70問以上正解すると合格です。

 問題を開いて、まずは本を見なくても分かるところから回答していきます。そして一通り解き終わったら、分からなかった問題を本を調べながら回答し、分かっているところも本で確認し、問題を読み返し、勘違い、間違いがないようにします。
 自信のない問題、本を調べても答えが見つからない問題もいくつかありましたが、たぶん7割は正解したと思い、試験終了。会場を出ました。
 
 試験終了後、チャレンジャーMは、同僚二人と一緒に受験者特典で無料入館ができる施設を巡ってきました。試験を受けたばかりなので、「あの問題が難しかった」、「あの問題の答えはアレだったよね」と言いながら。
唐津城 唐津城から見た鏡山と松浦川
旧高取邸 曳山展示場
 
 そして、2週間後の10月14日(金)、合格発表。唐津検定のホームページで番号を確認します。
 あった!合格だ!!おめでとう!!!
 翌日、合格証の手形と特典案内が送られてきました。唐津くんちの曳山「赤獅子」がかわいく描かれています。この手形があれば、唐津市内の観光施設に無料で入館できたり宿泊施設や食事の割引が受けられたりします。いつでも使えるように、キーホルダーにくっつけました。
 
 そのほか、合格者にはいろんな特典が用意されています。一番の目玉は「満点者に米三俵(180s)」というものです。満点が1人の場合は180kg、3人の場合は1人60kgとなります。
 そして、満点賞発表&お楽しみ抽選会が10月23日(日)に開催されました。唐津焼、宿泊券、食事券など、合格者全員に何かが当たるという魅惑のイベントです。

 ステージの前には豪華賞品がズラリと並んでいます。
 
 唐津検定委員会の宮島傳二郎会長(宮島醤油の会長でもあります。宮島醤油ホームページ「会長コラム」のあの会長です。)から、唐津検定結果報告がありました。
 受験者数544名、合格者524名、合格率96.3%、平均点91.6点。
 99点は47名、98点は59名もいたそうです。惜しくも、米三俵に届かなかった方たちです。
 そして、「満点は一人でした」という発表が!会場が「おーー!」とどよめきます。
 
そして、満点者の紹介、満点賞の授賞式が行われました。
そこで登場したのは、なんと、チャレンジャーMの同僚、前川詩織さんでした!
 表彰状と米三俵のミニチュアを受け取り、微笑む前川さん。
記者に囲まれて、取材を受ける前川さん。
  
前川さんの談話
 びっくりしました。100点取れたことにも驚きましたが1人と聞いてもっと驚きました。とても嬉しいです。唐津検定の本を一通り読んで、後は会社の先輩たちと問題を出し合ったりして勉強しました。知らないことが沢山あり、唐津ってすごいなと改めて思いました。新米180kgは、家族では食べきれないので会社や親せきに分けます。
おめでとうございます!
前川さんを囲んで記念撮影。
 
 最後に、チャレンジャーMが当たった賞品を紹介して終わります。
 この袋、なんだか見覚えがあるなと思っていたんです。  それで、開けてみると!
 見覚えのある物たちが入っていました。
 机の上に広げてみました。
 あっ!宮島醤油の商品だ!

 佐賀牛カレーかにぞうすいの素牛すじ入りおでんだしステーキスパイスうどんスープだ!
(クリックするとオンラインショップに移動します。)
 うれしい!!


 もちろん、袋を開ける前から、中身が自社商品であることは気づいていました。