恐いもの知らずのチャレンジャーが、様々なことに挑戦するこの企画。
いろいろな経験を通して、チャレンジャーが
大きくなっていく様子を見守ってください。
チャレンジャーたち
第36回目は『もちつき』に挑戦!
  
 2012年、あけましておめでとうございます。今年は昨年以上に挑戦的な年にしたいと思っているチャレンジャーNとチャレンジャーMです。
 
 ぺったんぺったん、もちつき、ぺったん。
 今回のチャレンジは年末の三大行事のひとつ、「もちつき」です。そんな三大行事、あるのかどうかよく知りませんが、あとの二つはとりあえず、大掃除と年賀状書きにしておきましょうか。
 ところが、年末は別の業務(チャレンジャーNは営業、チャレンジャーMは秘書という別の顔も持っています。)が忙しく、チャレンジできないまま年が明けてしまいました。
 そして、1月末の実施となりました。お正月にお雑煮をたらふく食べて、モチはもう飽きたという人も、そろそろまた食べたいなと思い始める時期ですし、ちょうどいいのではないでしょうか。
 場所は佐賀県唐津市内某所(レッツ・流しそうめんの時と同じ場所)。設備と道具をお借りして、ぺったんぺったん、もちつきです。
 
 
前日の準備
 もち米は「佐賀よかもち〜味に佐賀あり〜」を使います。 モチ米を量ります。
 
10キロを3等分(約22合ずつ)します。
明日は3回つく予定です。
 一晩水に浸けます。無洗米なので研ぐ必要はありません。
 
 
もちつき当日
 一晩、水に浸けたモチ米を、ザルにあげます。  モチ米をセイロに入れます。キッコーミヤのロゴ入りトレーナーを着てきたチャレンジャーM。
 
 カマドがふたつ。ひとつはモチ米を蒸す用、もうひとつはお湯を沸かす用です。もちつきはお湯をたくさん使います。  燃料は竹。これはどこかで見覚えのある竹!
 
 そう!これは、「レッツ・流しそうめん」で使った竹。こんなところでまた会えるなんて。半年経って、良い具合に乾燥したようです。
 竹を片手に、あの暑かった夏の思い出に浸っているチャレンジャーN。
 
 カマドにセイロをセットします。  臼と杵の準備ができました。お湯を入れて、臼と杵を十分温めておきます。
 
待つこと約1時間。
モチ米が蒸し上がりました。
モチ米を臼に投入。
いよいよ本番です。
 
 まず最初は、杵でモチ米をつぶして、こねます。
 チャレンジャーNの上司T係長も手伝いに来てくれました。
 粒がなくなって、べたべたしてきました。
 
そして、つきます!
ハイッ、ハイッという掛け声とともに、
もちつきが始まりました。
T係長(左)とチャレンジャーN(右)の
日ごろの信頼関係が試される時です。
リズムよくついているところを見ると、
2人の関係は問題なさそうですね☆
しばらくすると、ハァハァゼェゼェ、息もあがってきます。
手に力が入らなくなり、腕が重くなり、腰が痛くなってきても、
立派なモチができるまでは、やめるわけにはいきません。
 


せっかく来たので記念に
もちつきをしてみた人たち
杵を持ち上げるだけ精一杯

 
 「若者だけでは心配だ」と経験者であるチャレンジャーNパパとチャレンジャーMママが応援にきてくれました。熱血指導のもと、もちつきは順調に進んでいきます。  つきたてのモチはつるつるすべすべしていて気持ちいい。寒さで冷たくなった手がじんわりとあたたまっていきます。
 
 粉だらけになりながら、ちぎっては丸め、丸めてはちぎりを繰り返します。
 大きかったり、小さかったり、ふぞろいのモチたちが続々と出来上がっていきます。
 丸くなったモチを木箱に並べていきます。
 
2臼目がつき終わったところで、
つきたてのモチをいただくことにしました。
 
ばら濃口醤油
 まずは、醤油屋らしく、醤油で。
 こちらは弊社オンラインショップでも人気商品「ばら濃口醤油」です。

 定番きなこモチも人気です。

 その他もいろいろチャレンジしてみました。
 
 何をのせているかというと・・・  小さな本格派「ちょいカレー
パンやごはんだけでなくモチにも合う!
 
黙々と大根をおろすチャレンジャーN 大根おろしモチは、さっぱりして美味。
 
 ひろげたモチに「ちょいあんこ」と イチゴをのせて包む。
 
簡単にイチゴ大福の出来上がり!  チャレンジャーNママが、小豆から煮て、作ってくれた特製ぜんざいは大好評。優しい味が冷えた体に染み渡ります。
 
食う! とにかく、食う!
 
 食べて元気を取り戻したら、最後の力を振り絞って、3臼目をつきます。   つくのも大変ですが、熱いモチをひっくり返すのも大変です。
 
ちびっ子もチャレンジ!
あまりのほほえましさに、つい顔がゆるんでしまいます。
 
こんなにたくさん!
たらふく食べて、あまったモチはみんなで分けて持って帰りました。
もちつきは初めてというチャレンジャーたち。
寒い中、ワイワイ楽しく行うことができました。
 
今回の感想
つきたてのモチはうまい!