その12 梅干のヒミツ
【梅】 Japanese apricot
中国原産のバラ科の落葉高木。日本全国に古くから植栽される。用途により果樹としての実梅と、花を観賞する花梅に分けられ、品種は300以上ある。
果肉の酸味は、クエン酸とリンゴ酸が多いためである。
青梅が出回りはじめるこの季節、梅干・梅酒・梅ジュース・・・今年は何を作りますか?
梅干とご飯、そして味噌汁さえあれば、ちょっとした食事になりますよね。梅干と味噌汁が合うことはすでに実証済みなので、いっそのこと味噌汁の具として食べてみよう!!ということになりました。
 梅干味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
梅干…適量
豆腐…1丁
玉ねぎ…1個
だし(粉末)…5g
味噌…4 1/3

今回は
研究所秘蔵の合わせ味噌
を使用しました。
1.材料を用意する。
(梅干以外の材料はお好みで構いませんが、豆腐はかなりオススメです)
2.梅干を焼く。
(焼いた梅干は風邪に効果がある という話を聞いたので焼いてみました。焼いても味は変わりません)
3.他の材料を適当な大きさに切る。
4.お湯を沸かし、だしと味噌を溶き入れる。
5.梅干をトッピングする。
できあがり
 食べた感想 
北川
味噌本来のうまみが弱かった。香りに米ぬか臭さがあり、大豆本来の香りがほしいところである。
総評:味噌かすが多く、梅干の酸味もあまり出ていない。酸味の強い梅干を使用し、味噌のうまみとバランスが取れて良いのではないか。
瀬戸
企画課秘伝(?)の手作り味噌で作られていたので、味噌汁自体の味がすでにおいしかった。その味噌汁を味わった後、メインの梅干を入れ、試食。もともと塩分がある味噌汁に梅干を入れたら、味が濃すぎる気が。単品で食べるのよりご飯と一緒に食べたら丁度よさそう。
ただ、梅干も味噌汁も朝の定番だけれど、こういう風に食べたことはなかったのでちょっと新鮮だった。
小杉
手作り味噌はおいしかった。
梅干を入れたら、今まで味わったことのない味だったので妙な味だった。ご飯にかけたらおいしそうだった。
前田
「梅干入りの味噌汁」と聞けば、身体によさそうなイメージ。
梅がもともと好きなので、味噌汁に入れてもおいしかった。だからと言って入れすぎると汁がすっぱくなる。お椀一杯に2個が丁度よいと思った。
印丸
梅が嫌いな人でも、酸味が和らいで食べられて良い。
肉厚の梅干であれば、梅が好きな方は更においしく食べられると思う。
味噌汁の風味は残っているように感じられた。
堀内
焼いた梅は風邪にいいと聞いたことがありまして、焼いてみました。
ちょっと調べてみたのですが、梅干を焼くと、「ムメフラール」という成分ができ、この「ムメフラール」は、血液をサラサラにしてくれるそうです。
梅干は大好きでほぼ毎日食べています。
味噌汁に梅干というのは初めてでしたが、なかなかよかったと思います。
廣渡
味噌汁と梅干、今まで何気なく食べていた組み合わせですが、味噌汁として一体化させるとなかなか斬新な味でした。でも、けっこうおいしかったです★
これからも、具材の開拓に力を注いでいきます★
参考文献  / 基本のお料理ブック:株式会社オレンジページ
食材図典:小学館
調理用語辞典:樺イ理栄養教育公社
味噌汁研究所トップへ→