その24 イタリアン味噌汁
×
前回のインド風味噌汁が意外とおいしかったので、今月も味噌汁と舶来の味の融合に挑戦しました。味噌汁+イタリアン・・・??味が予測できない分、期待が膨らみます。
 イタリアン味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
ミニトマト・・・4個
パプリカ・・・2個
じゃがいも・・・小4個
パセリ・・・少々
だし(粉末)・・・5g
味噌・・・小さじ4 1/3
今回は
「合わせ味噌
(塩分控えめ)」
を使用しました。
1.材料を用意する。
(黄色とオレンジのパプリカを用意しましたが、お好きな色のパプリカをどうぞ。)
2.パプリカ、じゃがいもを1cm角ほどに切る。
3.お湯にだしを入れ、じゃがいも、パプリカを入れる。じゃがいもに火が通ったら、火を止めて味噌を溶き入れる。
4.お椀に注ぎ、ミニトマトとパセリを浮かべる。
できあがり
 食べた感想 
前川(味噌研顧問)
もともとパプリカが嫌いではないので、抵抗なく食べられました。
普段、トマト+ベーコン+じゃがいもでコンソメベースのスープを作るのですが、それにパプリカを入れてもおいしいかなーというヒントをもらいました。
宮島
まるごとトマト、パセリ、パプリカが、そのまんま味噌汁に浮かんでいるという作品なのでこういう食材が大好きな人にとっては、食べ方のレパートリーが増えて、うれしいことだ。「イタリアンには味噌汁は合わない」という偏見を捨てるだけでも意味がある。私もこれらの食材は好きだから、結構楽しくいただけました。
だけど、何か、イタリアンの食材を味噌汁に入れただけ、という感じがする(失礼!)。もっとイタリア風のスパイスを効かせるとか、「おっ」と思わせる演出があれば、もっと楽しくなると思った。
平野
発想は良かったけど、味はパプリカの匂いが強く味噌の味がしませんでした。
味噌汁とは合わなかったような… (*_*) イタリア風だったらパスタ等入れてみたらおもしろかったかも??
前田
”イタリアン味噌汁” おもちゃ箱から飛び出したような、びっくり仰天、味はミスマッチの味噌汁でしたね。
パプリカは甘味があったりして、なんとかまあ、食べれましたが・・・、トマトとパセリは味噌汁から取り出して別口でたべました。研究員の方にはいろんな意味をこめて脱帽です。お疲れ様でした。
堀内
色彩鮮やかで、見た目はとても美しい味噌汁でした。パセリの香りとパプリカの味が強く、味噌汁にうまくマッチしていなかったのが残念でした。
廣渡
味噌汁に味が溶け出すような具材ではなかったので、味噌汁とイタリアンの融合とまではいきませんでした。。。ちょっと勇気を出して、ジェノバソース(バジル+ガーリック+オリーブオイルのソース)なんか入れてみたらよかったかもしれません。
「どんな味になるかなぁ。。。」なんてびびってないで、これからは、攻めの姿勢で味噌汁の研究に取り組んでいきたいです。
味噌汁研究所トップへ→