その25 トロピカル味噌汁
暑くなってくると、《熱い味噌汁が飲みたーい》という気分にはなかなかなりませんよね。そんな時、冷汁のような冷たい味噌汁を作るのも手ですが、夏だからこそ食べたくなる熱い味噌汁を作ってみました。
テーマはトロピカル♪ビーチリゾートによく似合う味噌汁です。
 トロピカル味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
パイナップル缶・・・1缶
パパイヤ・・・1個
マンゴー・・・1個
ナタデココ・・・適量
だし(粉末)・・・5g
味噌・・・小さじ4 1/3
今回は
「合わせ味噌
(塩分控えめ)」
を使用しました。
1.材料をそろえる。
左がパパイヤ、右がマンゴーです。
ハーフカットするとこんな感じです。
思ったほど『青いパパイヤの香り』はしませんでした。
http://movie.goo.ne.jp/movies
/PMVWKPD16569/
平べったい種が入っていました。
2.ナタデココ。
3.適当な大きさにきった具材を、だし汁の中に入れます。
4.火を止めて味噌を溶き入れます。
できあがり
  食べた感想 
前川(味噌研顧問)
複雑な味でした。。。味噌汁に溶け出した、マンゴーなどの甘酸っぱさは悪くはなかったです。
フルーツが温まりすぎていたので、冷たくして食べてみたいと思いました。
宮島
トロピカルフルーツ入りの味噌汁は初めての体験だった。
私がこれを試食させられることに対して、周囲では同情の声が強かったが私は苦痛とは感じなかった。
1.味噌汁の味: フルーツから染み出た甘味は案外すんなり味噌の味と馴染んでいた。
2.具の味: パイナップルなどはかなり強い甘味と酸味があるので、味噌汁との調和は難しいようだ。
3.雰囲気: 色はとても美しく、夏の雰囲気にぴったりだ。問題は味だ。。。
スパイスを利かせたらどうか、もっと変なものになるか。。。
汁でなく、味噌あえならどうか。。。
あまりよいアイデアが浮かばない。
前田
だしのきいた甘い香りと色のきれいなおいしそうなみそ汁。
食べてみるとマンゴー、パイナップルの独特の甘さが調和され、ほどよい甘さになり、おいしくいただきました。
甘い香りと甘いフルーツで疲れがとれそう!
印丸
冷やして食するとおいしいと思います。
パイナップルがシロップ漬けの物でなく生であればよかったのかもしれません。
堀内
熱い味噌汁と冷やした味噌汁の両方を食べてみました。熱いほうは、いやではないという程度にフルーツの甘味が汁に溶け出し、トロピカル感を醸し出していました。冷やしたほうは、フルーツはおいしいのですが、味噌汁がしょっぱく感じました。味噌汁は熱く、具材のフルーツは冷たく、というのを食べてみたいと思いました。
廣渡
南の島大好きっ子なので、マンゴー&パパイヤは大好きです★だから、この味噌汁企画にはノリノリでした。
甘酸っぱい味噌汁は、意外とおいしかったです。具材を食べると、だしと味噌のしょっぱさとフルーツの甘みがあいまって不思議な味がしました。南の島に行きたくなりました。
味噌汁研究所トップへ→