第6回 宮崎県味噌汁
 いつも、あり得ない味噌汁を作って喜んで食べていると思われている当研究所ですが、今月はマジメにやりました。
 今月のお題は『冷や汁』。言わずと知れた宮崎県の名物料理です。しかし、熊本の『太平燕』同様、同じ九州でありながら実際に食べたことのある人間がほとんどいませんでした。。。『冷や汁』って、きゅうりが入った冷たい味噌汁じゃないのー?と思っていましたが、調べてみると鯵や豆腐も入っていました。
 ホンモノの味を知らない佐賀っ子が作った『冷や汁』。さて、その結果は??
 宮崎県味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
鯵・・・1尾
豆腐・・・1丁
きゅうり・・・1本
しそ・・・適量
ごま・・・適量
だし汁・・・適量
味噌・・・小さじ4
ご飯・・・4杯
今回は
「あじわい麦味噌」
を使用しました。
1.材料をそろえる。
2.焼いた鯵をほぐし、炒ったごまと麦みそとを混ぜ合わせ、すり鉢であたる。
3.よく混ざったらすり鉢の内側に薄くのばし、直火で軽く焦げ目がつくまで香ばしく焼く。
4.すりこぎでよく混ぜながら、冷たくしただし汁を注ぎ入れてのばす。
5.手でほぐした豆腐、輪切りにしたきゅうり、せん切りのしそなどを交ぜてよく冷やす。冷やした汁を、熱いご飯にかける。
できあがり
  食べた感想 
前川(味噌研顧問)
手間がかかる味噌汁でしたね。おいしかったです。味噌もちょうどよく、上品な味でした。
松本
ごまの風味がすこし強く、味噌の味がうすいかなと思いましたが塩分はちょうどいいし、あっさりしてておいしかったです。トマトなどを入れたら、見た目もきれいになって良いかもしれませんね。
待ってました! “冷汁”!! 
 唯一、本場 宮崎でそれを食したコトがある人材として、今日は準備からお手伝いさせていただきましたが・・・。
 想像よりも、かなりの出来ばえではなかったでしょうか?
 個人的には 『味噌をもう少し(-_-;)』っていう気分ではありましたが意外とすっきり、あっさりと完食させてもらいました。
 上品なお味でした☆  
 地元の料亭では、魚を鯵ではなく鯛(?)で出すお店があると聞いたことがあります。 是非、そちらも食してみたい・・・と思います(*^。^*)
 ごちそうさまでした。
田口
生まれて初めて冷汁ー。率直な感想として、あっさりしていておいしかったです。
 具の中にシソとゴマが入っていて、それがまたいい感じにさっぱり感を引きたててました☆
中山
さっぱりした感じで、夏にはいいかも!?
一生に一度ぐらいは体験してみてもいいくらいの味でした。
思ってたよりは、美味しかったです。
堀内
冷や汁って手間のかかるものですね。すりつぶしたり、にぎりつぶしたり、一体どんなものができるだろうかと、途中はずっと不安でしたが、よくできたと思います。真剣に作った甲斐がありました。がんばればがんばるほど空回りしてしまいがちなこの企画ですが、今回はがんばりが正しい方向に進んでくれたようで、良かったです。
味噌汁研究所トップへ→