第15回 香川県味噌汁
 「香川県=讃岐うどん」というイメージをもっていたので、何の迷いもなく、うどんを入れようと決めていたところに、「あん餅雑煮」という珍しい郷土料理があるらしいという情報を小耳に挟み、今回の味噌汁研究所のテーマは「あん餅雑煮」になりました。
 その昔、江戸時代のことですが、讃岐国(現在の香川県)では、塩、砂糖、木綿が特産で、「讃岐三白」と呼ばれていました。そのなかで砂糖は庶民にとっては口にする機会のない高級品で、「せめて正月くらいは砂糖を・・・」という切なる思いからお正月に「あん餅雑煮」を食べるようになったと言われています。白味噌仕立てで、具材は家族円満を願い、丸餅を入れ、野菜は輪切にするそうです。
 江戸時代の讃岐国の庶民になった気持ちで食べれば、おいしさもひとしおです。
 香川県味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
あん餅・・・4個
大根・・・1/4本
にんじん・・・1/2本
だし汁(いりこ)・・・適量
青のり・・・適量
味噌・・・大さじ4 1/3
今回は
「米みそ」
を使用しました。
1.材料をそろえる。大根とにんじんを切る。(食材の大きさの都合上、大根は輪切りにしておりませんが、家庭円満を願い、輪切りにしたほうが良いそうです。)
2.だし汁(いりこ)を作り、大根とにんじんを入れて煮る。
3.具材が煮えたら火を止め、味噌を溶き入れる。
4.お椀にあん餅を入れ、味噌汁を注ぐ。最後に青のりを振り掛ける。
 
 
 
できあがり
食べた感想
前川(味噌研顧問)
 変わった味噌汁ですね。
 青のりの風味がいいですね。あん餅も味噌にあわないこともないですし。お正月の気分になりました。
田口
 あんこもち入り味噌汁、まずまずの出来ではなかったでしょうか。あんこが甘いのでどうしても味噌汁がしょっぱく感じますが、その対比が逆に面白かったです。次の味噌汁にも期待します。
中山
 『あんこ餅入りの味噌汁』と聞いて、最初はギョッ!!としましたが、食べてみると、意外な美味しさで驚きました。
あんこを味噌汁に溶かさずに食べたのがよかったのか、雰囲気としては、雑煮を食べてる感じで、来年のお正月は味噌仕立てもいいなぁと思いました。
前田
 香川県ではお正月の雑煮として食べられているそうですが、甘いあんこの入ったもちがこんなにもみそ汁に合うなんて。なぜかとてもしあわせな気分になりました。来年の雑煮に食してみます。
堀内(味噌汁研究所 研究員)
「なんで、あんこもち!?うどんかと思ってた・・・」と驚いた人も多かったのですが、「味噌研の創作味噌汁ではなくて、実際に香川で食べられているものですよ」と訳知り顔に説明すると、みなさん安心して食べてくれました。
あましょっぱい味噌汁でした。本場の白味噌を使用したらもっとバランスよいものができるのでしょうか。
味噌汁研究所トップへ→