第19回 大阪府味噌汁
 「食いだおれ」の大阪。いろんなものを入れて「食いだおれ味噌汁」もいいかな、なんて思っていたんですけど・・・そんなことをしたら、すごい味噌汁になりそうなので・・・
 今回の素材は「水なす」です。水なすはやや長めの卵型をしています。皮が柔軟であることが特徴であり、また水分が多くみずみずしいことから「水なす」と呼ばれています。浅漬け用のなすとしては最高とされており、泉州産が有名です。この泉州とは旧国名「和泉」にあたる地域の別称で、大阪南部の地方のことです。
 この「水なす」の浅漬けを味噌汁に入れます。
 大阪府味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
水なすの浅漬け・・・8切れ
ねぎ・・・適量
だし汁・・・適量
味噌・・・大さじ4 1/3
今回は
「あじわい甘塩合わせ」
を使用しました。
1.材料をそろえる。
2.だし汁を作り、水なすの浅漬けを入れ、煮る。
3.しばらく煮たら、火を止め、味噌を溶き入れる。お椀に味噌汁を注ぎ、最後にねぎを散らす。
 
できあがり
食べた感想
日野
 いつもはお味噌汁になすを入れると、なすの色が悪くなり、お味噌汁も黒ずみますが、今回は色鮮やかでした。
 浅漬けだったからか塩分も程よくさっぱりしていました、なす好きの私は、大満足です。
堀内(味噌汁研究所 研究員)
 漬物と味噌汁の組み合わせには少し不安もありました。しかし、味噌汁の具としてまったく違和感なく、おいしく食べることができました。汁の色も少し青みを帯びて、きれいでした。
味噌汁研究所トップへ→