第27回 岐阜県味噌汁
 岐阜県中津川は、江戸時代の五街道の一つである中山道の宿場町として発展しました。栗の栽培が盛んに行われ、栗を使った和菓子が多く作られています。特に、栗きんとんが有名で、JR中津川駅前には「栗きんとん発祥の地」と彫られた石碑が建立されています。今回の具材は栗きんとん。栗きんとんを作ってみることにしました。そして、中津川の和菓子職人をうならせる味噌汁に仕上げたいと思います。
 岐阜県味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
栗・・・200g
水・・・適量
砂糖・・・適量
塩・・・少々
ねぎ・・・適量
だし汁・・・適量
味噌・・・大さじ4 1/3
今回は
「あじわい甘塩合わせ」
を使用しました。
1.材料を準備する。(今回は甘栗を使用しています)
2.栗の半分は裏ごしする。
3.残りの半分をみじん切りにする。
4.裏ごしした栗とみじん切りにした栗を鍋に入れ、砂糖と塩と水を入れ、弱火でゆっくりと練る。
5.練った栗を団子にする。
6.ぬれたふきんで栗団子を包む。
7.絞る。
8.栗きんとんのできあがり。
9.だし汁を作り、軽く沸騰したら火を止め、味噌を溶き入れる。お椀に栗きんとんを入れ、味噌汁を注ぐ。最後にねぎを散らす。
できあがり
食べた感想
森永
 栗きんとんをそのまま食べるとあまりみそ汁と合わないと思いましたが、崩してみそ汁と一緒に飲むとおいしく感じました。どうしてだろう? 
水野
 栗きんとんを入れたことによる相乗がなかったので、何かもう一工夫ほしいところですね。
日野
 今話題の甘じょっぱい!お味噌汁でした。甘味がもう少し控えめだと、甘じょっぱさが引き立っていたのでは??と思いました。
前田(エ)
 前回の味噌汁があまりにも衝撃的な味だったので、恐る恐る一口飲んでみたら、ふわっ〜とおいしい味噌汁の味と香りがひろがりました。美味でホッとしました。
 栗が岐阜県の特産品であることは初めて知りました。手間隙かけられた手造りの栗きんとんが、味噌汁の中で一瞬にして崩れてしまうのが残念ですね。甘栗をそのまま入れたらどうでしょうか。
吉田
 栗きんとんは味噌汁は合わないと思いました。甘いものとしょっぱいものの組み合わせに違和感を感じてしまいました。
前田(ヒ)
 栗きんとんは、そのまま食べたい気分でした。みそ汁に入れても不味くはありませんでしたが微妙・・・。 
堀内
 手をかけた割りには、なんとも言えない結果になりました。形はうまくできたと思います。問題は味でした。塩を入れすぎたようです。上品な甘さを堪能してもらうはずだったんですけど。
味噌汁研究所トップへ→