第41回 福島県味噌汁
 福島県会津地方の北部に位置する喜多方市は、蔵とラーメンの街として有名です。市内には120軒以上ものラーメン店があります。「喜多方ラーメン」のスープはさっぱりとした醤油味が基本ですが、お店によって味噌味、塩味、その他いろいろとあるそうです。コシが強く、太く平たい縮れ麺は、独特の食感をもっています。地元では、朝から食べること(朝ラー)も珍しくないほど、愛されています。
 また、福島県は「エゴマ(荏胡麻)」の生産量が日本一です。エゴマとはシソ科の植物で、東北地方では別名じゅうねんと呼ばれています。種子からはα-リノレン酸を含んだ油がとれます。
 「福島県味噌汁編」は、喜多方ラーメンをメインとし、風味付けにエゴマ油を垂らしました。朝ラーにちなんで、朝味噌汁ラーはいかがでしょうか。朝ラーしたいけど、もっとさっぱりしたラーメンが良いというときには、朝味噌汁ラーがオススメです。
 福島県味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
ラーメン・・・1玉
えごま油・・・適量
ねぎ・・・適量
だし汁・・・適量
味噌(味噌汁用)・・・大さじ4+1/3
今回は
「佐賀無添加みそ」
を使用しました。
1.麺をお好みの太さに切る。
2.麺をもんで、縮れさせます。
4.ラーメンを少し固めにゆでる。
5.だし汁を作り、火を止め、味噌を溶き入れる。ラーメンを入れ、軽く煮る。
6.お椀に味噌汁を注ぎ、ネギを散らし、えごま油を2、3滴垂らす。
できあがり
食べた感想
日野
 太めの麺だったせいか、麺の味を楽しむことができました。えごま油はもう少し濃厚でも良かったかもしれません。
福山
 麺の味と味噌汁の風味がマッチしていて美味しく食べられました。 
水野
 美味しかったですよ。ちょっと味噌ラーメンっぽくはなってましたが。えごま油のシソの香りはあまり感じられませんでした。
森永
 麺もみそ汁としてもおいしかったのですが、全体的にもの足りない感じがしました。具材がラーメンだけだったからかな?他の具材を入れて食感に変化を持たせるといいかもしれないと思いました。 
前田(エ)
 ラーメン+味噌+油=味噌ラーメン! と思って食べたら物足りない。けど、「味噌汁」と思って食べたら、あっさりしてなかなかいけました。えごまの風味は感じなかったですね。体にいい感じはしますけど・・・。
前田(ヒ)
 麺がとてもおいしかった。だしと味噌がいつもより薄く、期待していたえごま油は無味無臭。みそ汁としてはさらっと食べられました。 
堀内
 麺はコシがあっておいしかったです。エゴマ油は、入れる量が足りなかったのか、あまり風味は感じられませんでしたが、こころなしか麺をすするときに滑りがよかったような気がします。
 
味噌汁研究所トップへ→