第46回 青森県味噌汁
 りんごが有名な青森県ですが、にんにくの生産量も日本一です。国内の生産量の約70%を占めています。青森県で作られているにんにくの品種は福地ホワイト六片種というもので、大玉で一粒が大きく、実がよくしまり、色白であることが特徴です。また、下北半島と津軽半島に囲まれた陸奥湾ではホタテガイの養殖が盛んに行われています。冷涼な気候と穏やかな湾の海がホタテの生育に適しているのです。
 せんべい汁は、八戸市周辺の青森県南部、岩手県北部の郷土料理です。醤油味のだし汁に野菜や肉、魚介類、汁専用の南部せんべいを割って入れ、煮たものです。汁が染み込んでもっちりと柔らかくなったせんべいがとても美味です。
 「青森県味噌汁編」は、ほたてのだしとにんにくの香りがほどよく染み込んだせんべい味噌汁です。にんにくパワーで元気も出るし、体も温まりますよ。
 青森県味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
南部せんべい・・・4枚
にんにく・・・1/2片
ほたて貝柱・・・適量
ねぎ・・・適量
だし汁・・・適量
味噌(味噌汁用)・・・大さじ4+1/3
今回は
「佐賀無添加みそ」
を使用しました。
1.スライスしたにんにくを炒める。
2.にんにくを取り出して、ほたて貝柱を軽く炒め、にんにくの香りをうつす。
3.だし汁を作り、沸騰したら、火を止め、味噌を溶き入れる。
せんべい汁用のせんべい
4.炒めたほたてを鍋に入れる。せんべいは4、5片に割って、鍋に入れ、柔らかくなるまで煮る。
6.味噌汁をお椀に注ぎ、お好みで炒めたにんにくをのせ、最後にねぎを散らす。
できあがり
食べた感想
三上
 ホタテの貝柱の出汁が浸みたせんべいの食感とにんにくの香りが調和して身体が温まる味噌汁を味わうことができました。たいへん美味しかったです。 
水野
貝柱の旨みであるコハク酸の味がよく出てて、美味しかったですね。せんべいもふにゃっとすると食感がよくて美味しく食べられました。 
前田(エ)
ホタテとお煎餅味噌汁、美味しかったです。ニンニクの匂いが強烈で、朝はちょっと・・・。夜ならバッチリですね。 
平野
先日、B級グルメ番組でせんべい汁の特集をやっていました。皆さんの感想がもちもちしておいしいと言う事でした。まさにその通り!ホントおいしかったです。ただ、貝柱の風味がニンニクに負けていたようでした。 
藤原
 意外にもせんべいが味噌汁に合い、驚きました。少しにんにくの香りが強すぎるので、貝柱の味が消えている感じでした。 
前川
 文句なしに美味しかったです☆特にホタテの貝柱は絶品でした!!お味噌汁におせんべいも初めてでしたが違和感なく頂けました。 
前田(ヒ)
 青森産貝柱は小さかったので満足とまではいかなかったが、せんべいがとてもおいしく、にんにくとのバランスも良かった。本場のせんべい汁を食べてみたい。 
山口
 とてもおいしかったです。ニンニクの香りで食欲をそそられて、ホタテの貝柱を味わって、せんべいで腹を満たされました。満足感のあるみそ汁でした。 
堀内
 せんべいが柔らかくなっても、どろどろになったりせずに、ふわっと、とろっとした食感を残していたことに驚きました。とてもおいしかったです。
味噌汁研究所トップへ→