第47回 北海道味噌汁
 北海道の東部、釧路市にある阿寒湖。その湖底にすむマリモは、緑藻類の一種で、丸くて、固くて(てっきり、ぷよぷよしているものと思っていました。)、ビロード状の濃い緑色をしています。国の特別天然記念物に指定され、また、見た目のかわいらしさからマスコットキャラクターとしても人気です。
 北海道といえば、じゃがいもの産地で、国内の生産量の約8割をしめています。北海道編は、じゃがいもを使って、マリモをイメージしたチャーミングな味噌汁にしたいと思います。さらにチーズ、バターの乳製品、スイートコーンを具材として、北海道らしさを演出します。
 北海道味噌汁の作り方 
●材料● (4人分)
じゃがいも・・・2個
片栗粉・・・適量
塩・・・適量
チーズ・・・適量
アオサ・・・適量
バター・・・適量
コーン・・・適量
ねぎ・・・適量
だし汁・・・適量
味噌(味噌汁用)・・・大さじ4+1/3
今回は
「佐賀無添加みそ」
を使用しました。
1.じゃがいもをゆでる。
2.ゆでたじゃがいもに塩、片栗粉を入れて、つぶしながら混ぜる。
3.じゃがいもでだんごを作り、中にチーズを入れて丸める。
4.丸めただんごにアオサをまぶし、マリモ風にする。
マリモ風じゃがいもだんご
5.だし汁を作り、沸騰したら、火を止め、味噌を溶き入れる。
6.お椀にマリモ風じゃがいもだんごとコーンを入れ、味噌汁を注ぐ。最後にバターをのせ、ねぎを散らす。
できあがり
食べた感想
三上
 バターとチーズを用いた割には、薄味で上品な風味のスープという印象を受けました。毬藻風のアオサにより、見た目も素晴らしい仕上がりだと思いました。 
水野
 どさんこラーメンみたいでアイデアは面白いと思います。もう少しバターをきかせてこってり感があったらなおよかったかも。
保利
 味噌汁なのに味噌が負けていたように感じました。しかし具材を考えたら北海道のイメージはありました。よいと思います。
吉田
 チーズやコーンなどみそ汁では無いような感じでしたが北海道のイメージは感じられました。味的にはみそ汁と言うよりポタージュみたいな感覚でした。
前田(エ)
 視覚的には毬藻そのもので、黄色いコーンとよく合っていてグーでしたが、バターが強すぎてマイナス。アオサがはがれて味噌汁にまじり、色と風味が落ちてマイナス。総体的には北海道らしくていい感じでした。 
平野
 私が試食する時には、だんごの原型はなく‥チーズは溶け味噌汁と言うよりシチューのような感じでした。北海道らしい味で、おいしく頂きました。 
福山
 バターの風味が強く味噌の香りがあまり感じられなかったため、味噌汁というより薄めのみそラーメンのスープを飲んでいる感じがしました。北海道らしさが出でいて個人的にはいいと思いました。 
前川
 チーズやコーンなど好きなものばっかりなので期待して食べましたがバターがきつすぎたみたいでまったりとして残念な感じでした。見た目は良かったです♪ 
前田(ヒ)
 見た目は北海道のイメージが出ていて良かった。具材そのものは、夫々においしい物ばかりだが、みそ汁に入れると予想外の味だった。 
日野
 まりも風の見た目に驚きました。チーズがじゃがいもと一体化してよくわからなかったのが残念です。コーンはお味噌汁の具材に合うことがわかりました。 
味噌汁研究所トップへ→