-味噌編-
麹の声に耳を傾け、微生物の動きを見つめる匠たち。
ミヤジマには、創業以来127年間培われた伝統の技を受け継ぐ匠たちが大勢います。
この企画は、そんな匠の技をちょっとだけ体験してみよう!という発想から生まれました。
味噌汁研究所員の2人が、匠の技を学びながら味噌作りに挑戦します★
(よしだ ようじ)
◆本社工場製造課第二係係長◆
入社以来、20年間、味噌の製造に携わっています。最近、ようやく麹(こうじ)のことが分かりかけてきました。まだまだ、匠に教わることがいっぱいですが、少しでも近づけるように、日々頑張っています。
おいしい味噌ができるように、私たちがお手伝いします★
(まつもと よしひろ)
◆本社工場製造課第二係◆
味噌を作り続けて40年。味噌に対する愛情は誰にも負けません。我が子の成長を見守るような温かい眼差しで熟成の様子を見つめます。
スケジュール
第1回 12月1日 水を汲みおきする。麹の塩切りをする。
第2回 12月2日 大豆を洗って、水に一晩漬けておく。
第3回 12月3日 大豆を煮る。潰して麹と混ぜ合わせる。
      樽に詰め、保存する。
 
  ↓   発酵・熟成  第4回 1月14日の様子
 
第5回 3月    完成。みんなで試食。
←匠に質問のある方はこちらからどうぞ。
匠への質問と、匠からの回答をまとめた新コーナー